ニューヨーク視察

ニューヨーク在住日系人の高齢化問題

600人以上の日系人高齢者が抱えている問題は、高齢に伴い英語を忘れてしまいニューヨークでのコミュニケーションや社会生活が困難になっていることです。また、食事も日本食に飢え、精神的にも老後は日本食を必要としています。しかし、食材は高く、年金暮らしの高齢者は一日一回の洋食宅配弁当を食べ、介護サービスもすべて英語で行われ意思疎通のないまま日々過ごしているのが現状です。また、高齢者施設も視察いたしました。そこでは日本と同じような1部屋に1人のプライベートや人権が守られたサービスがありました。そのようなサービスを受けられない日系高齢者は日々、日本へ帰ることを切に願っています。しかし、親は既に他界しており、兄弟や親せきも高齢者となっており、帰れる場所や頼れる人がいないのが帰国を拒む原因となっています。そこで、その方々の帰る場所を提供しようとニューヨークへ出かけました。

過疎化した地方に、その方々のお世話をする施設を建設し雇用を広げたいと計画しております。リゾート気分で毎日を快適に過ごし、好きな時間に好きなことを楽しむそんな場所にしたいと思います。今まで、外国で不便な中、苦労され努力されて来られた方がたに最後は思う存分、人生を楽しんで頂きたいと思います。

image_6483441-1image_6483441

2017年11月16日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>