ウガンダの小学校を訪問しました

_IGP0303

アフリカのウガンダという国をご存じですか? アフリカというだけで、治安が悪くて疫病も心配されるような恐いイメージを持っていませんか? とんでもありません。アフリカの中でも特に東アフリカは、治安も比較的良くて、気候もさわやか。人々の笑顔が溢れる素晴らしい国。そんなウガンダの農村地域にある小学校を訪問してきました。

かつて英国のチャーチルをして「アフリカの真珠」と言わしめたこの国の美しさは今も健在。アフリカの中央部、赤道直下にある国ですが、国土の大半が平均高度1200mにある高地です。東部から南部はサバナ地帯とビクトリア湖があるため、決して高温に悩むことはなく、平均気温は23度と、とても過ごしやすい国なのです。

_IGP0006

首都カンパラは、そこそこの都会。庶民の足(タクシー)となっている、バイクが道路中を埋め尽くしています。さて、カンパラから東へ約80キロほど、今回の目的地は、ジンジャという田舎町です。ここは、1862年7月28日、イギリスの探検家スピークが、ヨーロッパ人として初めてビクトリア湖が白ナイルの源流であることを発見した場所です。砂糖の生産と繊維産業が盛んで、見渡す限りすべてサトウキビ畑という風景も道中見られました。

_IGP0030

宿泊したコテージは、ビクトリア湖の湖畔にありました。

今回のウガンダ訪問は、公益財団法人ネイチャリング財団の松原一芳理事長の招きによるもの。当財団は、数年前からウガンダの農村地域でNGO活動を行っており、今回はその支援している小学校の表敬訪問となりました。ウガンダの子ども達に日本の歌を聴かせてあげたいというのがメイン(?)の目的です。まずは、松原ギタリストの伴奏のもと、中村えい子ボーカルでしっかりとリハを終え、いざ出発となりました。

ジンジャからさらに奥地に車で1時間半ほど、道中道無き道みたいところもありましたが、ドンドコドンドコ太鼓の音が鳴り響いていたかと思ったら、子ども達が一斉にワーッと笑顔で駆け寄って来たのにはびっくり!感動、感激でした。

_IGP0059

子ども達の握手攻めの中、校長室に通されて、まずは先生と奥様にご挨拶。さっそく、校舎の中庭にしつられられた青空のもとでの会場にて、交流会が始まりました。校長先生のお話、地元役員さんらのお話の後、いよいよ、コンサートの始まりです。最初の演目は、日本を代表するポピュラーソング「上を向いて歩こう」。最初は、神妙に聞いていた子ども達ですが、歌に合わせてえい子さんの振り付けが入るとみんな大はしゃぎ。みんな真似をしだして、ダンス大会の様相に。次なる曲は、えい子さんのオリジナル曲「あの虹を見た日から」。これも子ども達に大受けで、拍手大喝采となりました。

_IGP0089

今度は、子ども達によるダンス。腰に座布団のようなものをまとって、民族舞踊を踊る女の子たちの姿はもう圧巻の一言。その独特のリズム感、小刻みに揺れ続ける腰。すごい、すごい、すごすぎる。男の子たちのビートのきいた太鼓も圧倒的な迫力です。

_IGP0134

日本とウガンダの歌と踊りを披露し合った後、日本から持参したクレヨンと画用紙を子ども達に配って絵を描いてもらいました。一心不乱に真っ白な紙に向かって、鮮やかなクレヨンを走らせる子ども達。何でも好きなものをというリクエストに、家を描く子どもたちが多かったように思います。

_IGP0248

おやつタイムは、子ども達の目の色も変わって興奮気味。ちゃんとみんなに行き渡ったかなぁ。梅干しキャンディーが渡った子はちょっとハードルが高かったかな(笑)。

_IGP0234

ふと、まわりに目をやると、こちらの様子を遠巻きに眺めている子たちが何人かいることに気づきました。家の都合で小学校に通えない子たちのようです。いかにも悪ガキっていう感じだけど、いきいきとした、かわいい目をしてる。こっち来て一緒にお菓子食べようよ。いつか、みんなで一緒に勉強できる日が来るといいね。

_IGP0317

あっという間の時間だったけど、お別れの時にはなんだか泣けてきました。子ども達のきらきらした目の輝きが、日本人がこの時代に忘れかけようとしている何か大切なものを物語っているようにも感じました。また来る。きっと帰ってくる。だからまた会おうね、ウガンダの子ども達。

_IGP0284

松原理事長は言います。「治安が良く、人材豊富で、特に農産物の豊かなウガンダは日本にとっても可能性の宝庫だ」と。閉塞感のあるこんな時代であるからこそ、わたしたち日本人もウガンダのような土地を訪れ、アクションを起こしていくことが大切なのではないでしょうか。

2015年11月11日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>