未分類

  • 今年もえこふぁーむが支援しているウガンダの小学校を表敬訪問しました。

     

    image_6483441-2 image_6483441-3

  • ベトナムの労働者過剰問題

    ベトナムでの平均年齢は日本の凡そ半分の29.5歳と若いです。ほとんどの方が高齢になる前に亡くなり高齢者も少ないです。高齢者施設もほとんどありません。

    しかし、お金のある高齢者家族だけが、医療や施設を利用することができます。

    ベトナムのハノイにある高齢者施設を視察しました。八畳の部屋に6人が同居するといった、まだまだ遅れたサービス内容でした。そこで働いている若者達は、家族の様に接していましたが、日本では考えられないような雑なサービスでした。

    日本で就労するための訓練施設も視察しましたが、既に10年以上前の機具で教育を受けていました。これでは、日本へ来たときに戸惑うことになります。しかし、予算もなく、教育者も現地のベトナム人が行っており無駄に近い状態の訓練でした。

    私たちは、就労意欲のあるベトナムの若者達を雇用し、質の高い商品を作る技術とサービスを教え、ベトナムの人材発展と経済発展に寄与したいと思っております。

    image_40037873-2

    image_6483441-4

  • ニューヨーク在住日系人の高齢化問題

    600人以上の日系人高齢者が抱えている問題は、高齢に伴い英語を忘れてしまいニューヨークでのコミュニケーションや社会生活が困難になっていることです。また、食事も日本食に飢え、精神的にも老後は日本食を必要としています。しかし、食材は高く、年金暮らしの高齢者は一日一回の洋食宅配弁当を食べ、介護サービスもすべて英語で行われ意思疎通のないまま日々過ごしているのが現状です。また、高齢者施設も視察いたしました。そこでは日本と同じような1部屋に1人のプライベートや人権が守られたサービスがありました。そのようなサービスを受けられない日系高齢者は日々、日本へ帰ることを切に願っています。しかし、親は既に他界しており、兄弟や親せきも高齢者となっており、帰れる場所や頼れる人がいないのが帰国を拒む原因となっています。そこで、その方々の帰る場所を提供しようとニューヨークへ出かけました。

    過疎化した地方に、その方々のお世話をする施設を建設し雇用を広げたいと計画しております。リゾート気分で毎日を快適に過ごし、好きな時間に好きなことを楽しむそんな場所にしたいと思います。今まで、外国で不便な中、苦労され努力されて来られた方がたに最後は思う存分、人生を楽しんで頂きたいと思います。

    image_6483441-1image_6483441

  • 平成28年2月

    H28/2/22の世界遺産アブシンベル神殿のラムスデイに行きました。

    年二回、神殿の奥へまっすぐに入る朝日を迎えるイスラム教徒の大切な日です。

    数分の瞬間を祝うだけの為に、早朝から何時間も待ち続けます。

    朝日を待ち受けるアブシンベル宮殿

    朝日を待ち受けるアブシンベル宮殿

    朝日を待ち受けるアブシンベル宮殿,2朝日を待ち続けるイスラム教徒

    朝日を待ち続けるイスラム教徒

    現在、エジプトはイスラム教徒85%、キリスト教徒15%の国です。

    イスラム教、キリスト教が広まる以前に古代エジプト(3000年以上の歴史)の人々によって信仰されてきた神々の体系は、自然、社会現象を自然的存在と関連させて説く日本の信仰に類似しているようにも思える。

    しかし、オスマン帝国のムハンマド・アリー・パシャがエジプトを制してトルコ語、文化をエジプトに持ち込んだ。

    ムハンマド・アリー・パシャがピラミッドを壊して建設したモスク

    ムハンマド・アリー・パシャがピラミッドを壊して建設したモスク

    モスク内

    モスク内

    古代エジプト時代の建物

    古代エジプト時代の建物

    ナイル川を堰き止めたアスワン・ハイ・ダム

    ナイル川を堰き止めたアスワン・ハイ・ダム

     

     

  • _IGP0303

    アフリカのウガンダという国をご存じですか? アフリカというだけで、治安が悪くて疫病も心配されるような恐いイメージを持っていませんか? とんでもありません。アフリカの中でも特に東アフリカは、治安も比較的良くて、気候もさわやか。人々の笑顔が溢れる素晴らしい国。そんなウガンダの農村地域にある小学校を訪問してきました。

    READ MORE

  • 「新しき村」をご存じですか? 埼玉県入間郡毛呂山町にある農業を生業とした、武者小路実篤が作った共同体のことです。10月のとある晴れた日、この新しき村を訪れてみました。

    _IGP0910

    READ MORE

  • 「さなぎ亭ヌル吉」とは、

    2015.3 ニューヨークで何を感じるんだヌルキチ。

    2015.3 ニューヨークで何を感じるんだヌルキチ。

    限界集落を笑いと農業で変革するべく立ちあがったひとりのおっさんである。正確に言えば「農業生産法人えこふぁーむ」勤続13年のスタッフでもあり、近々落語でも皆様にお会いできるべく準備中の、老いつつ更に果敢な変人でもある。

    READ MORE

  • 7月19日(日)に新潟県南魚沼市栃窪で開催された、第8回草刈りアート日本選手権において、えこふぁーむ社長が参加したチームが見事優勝を飾りました。

    0722モンクの叫び

    READ MORE

  • 高齢者12人で暮らす肝付町の限界集落。平家の落人伝説が残る大浦でキャンプしました。

    ohura150520-2

    READ MORE

  • 5月20日は、森小休で笹川幸治シェフの料理教室の日でした。森小休での最近の課題は、5月から始まった休日限定のブッフェスタイルをより質の高いものにしていくこと。自分たちで育てた地域のおいしい食材を使って、いかに豊かなバリエーションを作っていくか。さすが、本場で鍛えられた笹川シェフの豊富なアイデアと提案に、いつもながら舌を巻く、本当に勉強になる時間でした。

    150520-1

    READ MORE